FC2ブログ

ヴァイオリンヴォーチェ

ヴァイオリンヴォーチェ

今日は私自身、初めての経験をさせて貰いました。

「私の父が若かりし頃に趣味で弾いていた楽器の音が聴きたい」

そんな珍しい依頼を受けたのが10日前のこと。
他人の楽器でコンサートだなんて
そんなケースはなかなかないもの。
超一流の演奏家が、どこぞの企業やら資産家さんから
ストラディヴァリウスやガルネリを委託されるのとは意味が全く違う。

依頼主ご本人は
とても古く(いわゆるオールドヴィオリン)高価な代物
と思っていらしゃる。
それを自慢したい、と言う本音も見え隠れしていた。

ところがそうではないことくらい一瞥しただけで分かる。
素人とは言え、こんなに若い木を見ても
200年以上年月を重ねたオールドヴァイオリンだと思ってしまうのかと
驚きを覚えた。

さてさて、そうは言ってもお父様の思い出の、大切な遺品。
その真実を軽々しく口にすることはためらわれ、
楽器をお借りしていたこの1週間
誠意をもってその楽器と向き合いました。

依頼主がご高齢なうえ、音楽に全くの素人、
だけれど元医者というお人柄もあってか
責任感が強いと言うのか、牛耳り心が強いと言うのか...

とにかく直前まであーだこーだと大変ではありましたが、
90名ものお客様の反応は良いものでしたし
何より、依頼主さまが満足気でいらしたので
全て良しです。

このコンサートを聴いてくださった方
そして開催にあたって裏でご尽力くださった方々
そして、私をサポートし厄介なリクエストにも嫌な顔一つせず
寛大に対応してくださった伴奏ピアニスト。
全ての人に感謝です。




生徒受付中voce mark小・枠なし
ヴァイオリン ヴォーチェ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply