FC2ブログ

ヴァイオリンヴォーチェ

ヴァイオリンヴォーチェ

IMG_8418.jpg

私事。
そして長文です。

高3の長男たち
引退試合でした。

高校総体
県西部地区予選リーグ免除
県西部地区決勝トーナメント4位通過
県大会シード獲得
2回戦を準レギュラーメンバーで戦い勝利。
そして今日の3回戦。
長男を含むベストメンバーで挑んだ試合。

長男の高校は県Cリーグ。
相手はリーグ3つも上のプレミアリーグ。
全国に名を知られる強豪校の1つです。

彼らは怯むどころが
本気で勝てると思って挑んでいました。
県ベスト8をかけた戦い。

本当に彼らはやってくれました。
いえ、結果は敗退です。

でも、
監督ですら
「8強狙えるぞ!」
と送り出しながらも
「一体何点取られてしまうのだろう」
というのが本音だったと言うような相手。

その強豪校を焦せらせる
互角の戦いっぷりでした!


スコアレスで前半を終え
後半30分を過ぎたところでの失点。
ゲームを通して唯一
ゴール前で完璧な切り返しを通させてしまった一瞬でした。

その瞬間
あの強豪校から
物凄い歓声が上がり
その歓声からも
どれほど追い詰められていたかが
伺い知れるほどでした。

こちらにもいくつものチャンスはありました。
FWの長男にも。

最後までネットを揺らすことは出来なかったけれど
本当に良い試合でした。

県トップの進学校でありながら
サッカー強豪校に引けを取らないゲームができたこと
「勝てない」と言われ続けたこの代が
監督とぶつかり合いながらも
自分たちで考え
徐々に監督と1つになり
最終的には「勝てない」と
言い続けてきた先輩たちよりも上位に進み
少なくとも過去10年で
1番の成績を残すことができました!

中学部活で初めてサッカーを始めた長男。
キャリアも技術もない彼が
過去1番に入部者が多い年でレギュラーになるなんて
夢の夢でした。
当然、1年時は箸にも棒にも引っかからない選手でした。

それが、1つチャンスをきっかけに
チームの中心的選手の1人になれ
恐らく3年生の引退試合になるであろう
この大舞台でも、フル出場させて貰えました。

応援席の父兄全員が
明日の新聞の一面を飾るのでは?
と夢を見てしまうほどの展開でした。

個の力は強豪校のそれには到底叶いません。
普段の部活動時間もせいぜい2時間です。
話にならない少なさです。

それでもここまでこれたのです!

これで長男を含む多くの子は
プレイから距離を置くことになります。

でもこの頑張りや集中力、切り替えが
今後の人生の大きな糧になることと
今は思えます。

先生方が運動部で熱心に活動している生徒は
受験にも強い
と常に仰っていた意味が
今、はっきりとわかった気がします。

みんな頑張れ!
楽しませてくれてありがとう。






   生徒受付中  
ヴァイオリン ヴォーチェ

他の方のブログへはこちらから
   fullsizeoutput_b.jpeg

 にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply