FC2ブログ

ヴァイオリンヴォーチェ

ヴァイオリンヴォーチェ

fullsizeoutput_3db.jpeg

2018年
レッスンも始まりました。


演奏をしている時
自分の音が聞こえていているのは当然のことだけれど
意識をして聴いている生徒は
意外と少ない。

いや、
自分がどう弾きたいのか
アイディアなしに音を奏でているだけになっているので
「聞こえているだけ」
になってしまう。

もっと言ってしまえば
聞き流しているだけ。

たった今弾き終えたものを
どう弾いていたのか問うても
返答ができない。

そこで
ボイスレコーダーをよく使います。

「録音するよ」
と言えば緊張もするし丁寧にもなる。
そして意識をするようになる。

弾き終えたら当然聴く時間。

嫌だろうなぁ...

でも聴く!

思っていたものと全然違っていて
落胆したりもする。

意外と良く弾けていて
嬉しくなったりもする。


結果なんて、本当はどちらだって構わない。

本当に大事なことは
弾いている時に
自分の音、曲作りに
客観的に耳を傾けることができるようになること。

そのきっかけ
意識作りのためのボイスレコーダー。









   生徒受付中  
ヴァイオリン ヴォーチェ

他の方のブログへはこちらから
   fullsizeoutput_b.jpeg

 にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ



 

スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply