FC2ブログ

ヴァイオリンヴォーチェ

ヴァイオリンヴォーチェ

01d861320f25ba3499aff5c68c46749443d5c9b6b9.jpg
エドモン・ピカール 「甘い待ち時間」

01b6985e4f5b866f862296028ea395990bf412a446.jpg
シャルル・オフボーエ 「海岸にて」

yjimage439KX5RK.jpg
オーギュスト・ルノワール 「胸に花を飾る少女」

017f86917454d9479645b75080c289d306742f9188.jpg
オーギュスト・ルノワール 「肖像画の習作」

『女性を描く クールベ、ルノワールからマティスまで』
へ行ってきました。
この展示は絶対に行こう!と思っていたところ
生徒のお母さんから招待券をいただき
ありがたく行ってきました。

チケットをいただいたので
今回は音声ガイドを付けてしまいました。
結果、付けて良かったです!

絵画の知識などないので
インスピレーションのみで眺めているのが常ですが
ガイドを聞きながら眺めると
見方が変わって「なるほど!」となります。
楽しかったですよ。

ルノワールはテッパンですね!
好きです。

「胸に花を飾る少女」での音声ガイドの中に
心に残る言葉がありました。



人生には不愉快なことが沢山あるので
これ以上不愉快なものを作る必要はなく、
絵とは奇麗なものでなくてはならない。

                            ルノワール

この 絵 を 音楽 に置き換えることもできますよね!



そして今回1番気に入った作品は
ピカールの「甘い待ち時間」

彼の帰りを待ちわびるかのように
窓の外を眺めている彼女のお腹には
小さな命が宿っているのですって。
裕福ではない質素な部屋の椅子には
編みかけの靴下かな?が置かれていて...

もうすっかり忘れてしまった気持ちを
ちょっぴり思い出したりもして。

彼女の表情が、何とも言えない
優しさと強さと美しさを醸し出していて
幸福感を感じさせられました。





生徒受付中voce mark小・枠なし
ヴァイオリン ヴォーチェ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply