FC2ブログ

ヴァイオリンヴォーチェ

ヴァイオリンヴォーチェ

01e4217779c8cdc884c75b7f2085148d5e8363c7e8.jpg
                      教則本より

今更感もあるけれど。

一弓スタッカートが苦手なので
ここ数日、いろいろと試行錯誤していました。

そして再確認。
右指の場所がとても大事だということを。


親指と中指が向かい合わせになるように...
そう教え続けてきたし、一般的によく見聞きする表現。
もちろん合っているのだけれど、
そんなに単純なものではないことに、今更ながら気が付きました。

私の場合
中指のド真ん中に親指 】
これがベスト。

人差し指寄り でも、 薬指寄り でもダメです。
ど真ん中 が1番楽に一弓スタッカートができるのです。


そこで手元にある教則本の何冊かを確認してみました。


01633f489b97dbcdf7ec98f4e39ea33b30331d6aae.jpg
        人差し指と中指の間

013547c43e21c6c69263910121d3f1fdb9c5c12354.jpg
       
01bae2a0d87f2da58ea6a211564d90f1ca276927ed.jpg
        人差し指と中指の間

0112114a43b62ffa2cb3765c78b932711639dfd367.jpg
   理解しやすいアプローチだが、いろいろが曖昧


Top画のものが私には1番良く思えました。

ホンの微妙なバランスの違いではあるのですが
その僅かなバランスで、
圧力やタッチのコントロールが変わってきます。

人それぞれ体の特徴や癖があります。
一概に全てを括る訳にはいかないとは思いますが、
超絶技巧を易々と弾いてしまう人と
力むばかりでコントロールの難しい人との違いの一つに
右指の場所も関係しているように思います。





生徒受付中voce mark小・枠なし
ヴァイオリン ヴォーチェ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
スポンサーサイト



Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply